包茎手術せず、接着剤だけで治す

包茎手術せず、接着剤だけで治す

包茎手術に頼らない包茎の矯正治療というのは、自分だけでも行うことができます。そうした包茎治療グッズというのはたくさん出回っていますが、どれも目的としては、長時間そのグッズをつけることで包皮に剥けグセをつけて、自然と包茎を直すようにするというものです。なので、包茎手術無しで包茎を治すためには、ある程度毎日グッズを着用する必要があるわけです。このグッズというのがいかにもなリングなどの器具であり、普段からつけて歩くというのが難しいものばかりです。はっきり言うと、忙しい人向けではないのです。そこでオススメしたいのが、接着剤タイプの包茎矯正グッズです。これは二重まぶたの治療に使われているものと本質としては同じものです。使い方としては、まず、自分で包皮を剥き、余った包皮にこの接着剤を塗りつけてくっけ、固定するというものです。使用時の陰茎の見た目は、何かしてあるように見えないので安心です。このまま温泉などに入ってもバレることはありません。しかも使い続けることで剥けグセがつき、自然と包茎手術なしで包茎の治療ができるのです。デメリットとしては、接着剤なのでそれほど保持力があるわけではなく、セックスなどでは耐えられないということです。


Copyright (C) 2009 包茎手術って、ぶっちゃけどうなの? All Rights Reserved.

包茎手術せず、接着剤だけで治す

「包茎手術せず、接着剤だけで治す」という大人なら頭の片隅には置いておきたい内容です。